ブランドメッセージBrand Message

良いぶどうが、良いワインになる。それは自然の摂理です。
マンズワインは、創業以来50余年、良いぶどうを育てること、
その個性を最大限に生かし、良いワインを造ることに努めてきました。
時代がどんなに変わっても、その知恵と技術と情熱は、変わることなく受け継がれ、
より良いぶどうを作るために、より良いワインを造るために、
今日できることのすべてを尽くし、歩み続けています。

優れたぶどうを作り
世界に誇れるワインを造る

マンズワインの設立は1962年。以来、半世紀以上にわたり、マンズワインが一貫して目指してきたことは「日本のぶどうによる日本のワイン造り」です。
良いぶどうがなければ良いワインは造れません。マンズワインのロゴマークは、ぶどうと、それを育む太陽がモチーフです。ぶどう作りの適地として、気候を選び、土壌を選び、山梨県の勝沼と長野県の小諸にワイナリーを築き、毎年ワイン造りを続けてきました。これまでも、これからも、マンズワインが大切に考えることは創業以来変わりません。優れたぶどうを作り、世界に誇れるワインを造り、ワインで夢を伝え、かなえていくマンズワインを目指します。

自分たちのワイン造りに誇りを
常により良い品質のワインを

マンズワインは山梨県と長野県にそれぞれ、自社所有畑、自社管理畑、契約栽培畑を持っています。日本の風土の中でより良いぶどうを作るために徹底調査をして選んだ栽培適地で、栽培技術の改革を重ね、プレミアムワインとなるぶどうについては厳しい収量制限、収穫後にはさらに厳しい選果も行っています。こうして大切に育てたぶどうのポテンシャルを最大限に引き出すために、醸造技術の研究も重ねてきました。優れた設備の導入、徹底した温度管理、そして「できることはすべてやる」。そこで働くすべての人が、自分たちのワイン造りに誇りを持ち、いつどんな局面でも、より良い品質のワインを造ろうとするマンズワインを目指します。

これからの日本ワインを牽引し
品質で日本を代表するワイナリーに

今、世界が「日本ワイン」に熱い視線を送っています。マンズワインは、勝沼、小諸、2つのふるさとを誇りに、地域とともに発展し、「日本ワイン」の価値をさらに高めていくことに貢献してまいります。世界各国から日本を訪れる人々を日本の食文化とともにおもてなしし、世界の銘醸ワインと肩を並べる品質で日本を代表するワイナリーとなることを目指します。

代表取締役社長 島崎 大

会社概要Company Profile

商号:
マンズワイン株式会社
設立:
1962年
代表取締役社長:
島崎 大
本社:
〒105-0003 東京都港区西新橋2-1-1
電話:
03-3507-7432
ワイナリー:
勝沼(山梨県甲州市勝沼町山400)
小諸(長野県小諸市諸375)