ワインラインアップWine Lineup

さまざまな栄誉と受賞歴

ソラリス

SOLARIS(ソラリス)とは、ラテン語で「太陽の」という意味。
陽光をたっぷり浴びて育つ良質のぶどうだけを使う、という
マンズワインの品質主義への思いを込めた言葉です。
日本の風土で、世界の銘醸ワインと肩を並べるプレミアムワインを造るために、
その年に収穫したぶどうのポテンシャルを最大限に引き出す努力を、
決して惜しむことなく、積み重ねています。

日本の大地が育み、
マンズワインが誇りを持って造るワイン。

栽 培

マンズワインは日本の中で、比較的降水量が少なく、日照量が豊かで、一日の気温の変化の大きい地域をぶどうの産地として選びました。その中でも年間の気温の移り変わりを見ながら、それぞれの品種に適した畑を選び、ぶどう樹が最大限のポテンシャルを発揮できるよう、植え付け本数に注意を払い、最高のぶどうを得るために厳しい収量制限を行っています。これらの取り組みに加え、樹齢が高くなることで、ますますぶどうの品質が高まっていくことが期待されます。また、年間降雨量の多い日本で、完熟した健全なぶどうを収穫するために、「マンズ・レインカット栽培法」を導入しています。

収 穫

一房一房を手で収穫し、そのタイミングについても、糖、酸、pH、粒の大きさ、ポリフェノール量、色などの測定値はもちろん、果実の食味(種の硬さ、渋み)を重視して決定します。完熟果のみを摘むことができるのも、人の眼、人の手による作業だからこそです。

醸 造

ソラリスになる赤ワイン用ぶどうは、除梗機にかけた後、さらに人の手で丹念に再度除梗します。アイテムによっては『完璧なる除梗』ができるまで速度を落として作業しています。ソラリスになる原料として考え得る最高の状態になるよう、言葉通り「手を尽くしている」のです。育成中は入念にワインを観察し、状態に応じてタイミングを見計らいながら人の手を加えます。畑の違いによる微妙なニュアンスの差異を捉えながら、若かったワインを「ソラリス」に導いていく、長い時間が流れていくのです。

日本ワイン

マンズワインが創業以来、
日本のぶどうにこだわり、製法にこだわり造り続けてきたのは、
まさに「日本ワイン」です。
日本のぶどうのポテンシャルを最大限に生かした、
マンズワインの「日本ワイン」シリーズです。

酵母の泡

2008年の発売以来、
日本ワインのスパークリング部門で
ご好評をいただいている「酵母の泡」は、国内では数少ない
「シャルマ方式」で造っています。
酵母が生み出すきめ細かい泡が、長く続くことが特徴です。
味わいも多彩にお楽しみいただけます。

シャルマ方式

シャルマ方式とは、キューヴ・クローズ方式、密閉タンク方式ともいわれる発泡ワインの製法。泡を取り込むための発酵を、びん内ではなく密閉タンクで行い、酵母による二次発酵の際に出る炭酸ガスをそのままワインに溶け込ませる製法です。複雑な香りと優しい口当たり、なめらかな泡の感触が堪能できます。

一次発酵 開放タンク内でベースワインを醸造。二次発酵 酵母と糖類を添加し密閉タンク内で二次発酵させる。ろ過 ガスを逃さないように精密ろ過した後、びん詰め。出荷。

スタンダード

マンズワインでは、
醸造技術者が現地で立ち会い選別した
世界の良質な原料を使い、
多彩なワインをお届けしています。
毎日の食卓からアウトドアまで、さまざまなシーンに合わせて、
マンズワインのスタンダードワインをお楽しみください。